トラリピ

【2022年5月23日~27日】運用実績(週次)

投稿日:

トラリピ:13,986円

ループイフダン:659円

トライオートTQQQ:0円

「トラリピ」+「トライオートTQQQ」+「ループイフダン」の
合計益は1週間で14,645円でした

トラリピは私の設定では1か月に約5.8万ほど利益が出ています。

また、TQQQは運用から約10ヵ月程度ですが1か月に平均約2.7万ほどの利益が出ています。

トラリピ運用実績(2022年5月23日~27日)

今週の決済益内訳

・加ドル/円(CAD/JPY):0円

・ユーロ/円(EUR/JAP):0円(ポジション解消待ちの設定。裁量で適宜、損切予定)

・豪ドル/円(AUD/JPY):4,046円

(売りポジションのマイナススワップ対策のため90~92円の間に買い設定追加)

・豪ドル/NZドル(AUD/NZD):0円

・米ドル/NZドル(USD/NZD):9,940円

・ユーロ/ポンド(EUR/GBP):0円

2022年5月23日~27日のトータル決済:13,986円

評価損益:1,078,797円(約6割は豪ドル円。先週から約-3万円

トラリピで運用中の通貨は上記の6通貨ペア。ただし「ユーロ/円(EUR/JAP)」は稼働を停止し、ポジション決済を待つのみ。始めた当初は投資額600万円で運用開始(2020年8月)。2020/10/29、2022/3/21、及び2022/3/28にそれぞれ50万円、2022/4/10に100万円追加し、現在850万円(入金額)+約113万円(運用益)運用中。評価損益は現在約-107万円。

証拠金維持率は890%(レバレッジは2,81倍)

ループイフダン>2022年3月4週目から稼働(稼働から9週目)
USD/CHF:659円(2022年5月23日~27日)   
評価損益:-29,488円

私のトラリピの設定詳細は、記事下の「【最新】トラリピ設定」をご確認ください)。

 複数通貨の運用で、一度に損失が出るのを防ぐことまた、利益を毎週安定的に出せることを目的に運用しています♪

トライオートETF(TQQQ)
2022年5月16日~20日の決済:0円
運用から約10ヵ月(51週間)で現実損益は274,244円(前週比:+0円)

現実損益274,244円+評価損益-1,193,733円-919,489円

運用資金:約300万円
【稼働中の設定】
・80-40ドル (利益幅4.5ドル)設定 :1~2口

【停止中&ポジション決済待ち】
82.5-90ドル(利益幅5.5ドル)設定 :1口
・ 82-60ドル(利益幅5ドル)設定 :2~3口

60-55ドル(利益幅5ドル)設定 :1口
100-80ドル(利益幅4.5ドル)設定 :1口

※分割前に設定を停止している場合は、自動的に分割後は利幅が1/2、数量が2倍になってる
また、これまで同様の運用をする場合、分割時に稼働中の設定は、利益幅を2倍、数量を1/2にする

トライオートETFでナスダックトリプ(TQQQ)※を
2021/5/22から100万円で運用
2021年12月から200万円の運用に変更
2022年1月23日から300万円の運用に変更しました

※TQQQはNASDAQ100(QQQ)の3倍(トリプル)の値動きをするレバレッジETFです。値動きが激しい分、リピート系の自動売買との相性が良いですがリスクがあります。ETFは投資信託の一種で、運営に必要な投資家の資金が集まらなければ継続することが出来ず、継続できない場合は米国証券取引委員会(SEC)のルールに基づいて上場廃止の手続(繰上償還)が行われます。なお、上場廃止の30~60日前にプレスリリースで投資家に通知はされるようです。TQQQは上場廃止(繰上償還)リスクがあるので、全力で資産を投じるのは高リスクです。約2,400あるETFのうち、2020年には275のETFが上場廃止になっています。約1割ですね(^^;) 上場廃止も見越してリスクを取って、一定の期間一気に資金を注ぎ込み運用するかは考えどころです。

【最近の所感】

 ダウもナスダックも5月26日から下落トレンドから反転し、ようやく上昇しました。このまま上昇するにはアメリカの消費者物価指数が下がって、利上げ幅が据え置きになる兆しが見え始めてからだと思います。今のところ来年3月辺りで据え置く見通しだけどどうなるのか注目。インフレが止まってくれる必要があるけど、世界の食糧庫のウクライナは小麦の輸出が出来ない状態だし、エネルギー資源は主な輸出国のロシアに経済制裁している関係で、今後購入を控えなければならないけれど、そうなると需要に対して供給が足りない状態だから資源価格は上がるだろうし。農作物や肥料の輸出がロシアの割合多いから…。あとは中国の新型コロナのために経済活動が制限されているから、成長が鈍化しています。外部環境を考えると今年は経済が上向く感じがしない…。株価が反発しても年内は下落トレンドだとだと思う。国内もインフレの波が来ています。食料品、ガソリン、電気、ガス代も上がり続けています。明るいニュースが欲しい!

 6月10日から団体ツアーに限り、外国人観光客の受け入れが解禁されるようです。日本の観光業界もようやくインバウンドを少しづつ見込めそうかな?でも主要客である中国人客が中国国内のゼロコロナ対策の関係で暫く見込めません。とはいっても日本はIT関連や半導体も厳しいからイタリアみたいに観光立国の国としてぼちぼちやっていくしかないですね~。

 話は変わって、最近国内のNFT市場が活気づいている!ビットコインの価格は下がり気味だけど。注目しています!あっ、ステップンじゃないです(笑)ステップンはババ抜きだと思っています。

    まったねー


インヴァスト証券「トライオートETF」

マネースクエア

インヴァスト証券「トライオートETF」

-トラリピ
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© モンの30代、40代から始める目指せセミリタイア! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.